2020年01月21日

50代 ヘアスタイル



「パーマ」


根本が割れやすい ボリュームが出にくい


実はパーマで解決しません


根本が割れるのは生える前に方向性が決まってるので生えた髪の問題ではないです


ボリュームも密度は変わらないので大きな期待は持てません


それでもミセス世代にパーマをおすすめしたいのは


パーマは毛先が丸くなるので柔らかな印象になります


明らかにデザインが変わります


また仕上げで形を作りやすくなります


ショートカットの場合は乾かしてスタイリング剤をつけるだけでよいと思います



50代のお客様


お顔が細いので髪を広げたほうが似合うと思いました


年齢とともに だらんと下がった髪型はとても寂しくやつれた印象になります


パーマをかけてブローで仕上げました




パーマ前

DSC_7583_pp.jpg



パーマ後

DSC_7644_pp.jpg






DSC_7570.jpg

ミセス世代は白髪染めが多いので 傷みやすくパーマの薬剤と放置タイムは慎重に

パーマやカラーの損傷は完全に修復ができません

それと巻き方はオーソドックスに巻いたほうがいい結果がでます




DSC_7621.jpg


すそにもレイヤーを入れて重くならないようにしました


髪型で華がある女性を目指しましょう








posted by scalablog at 16:17| パーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

パーマ


遠藤です


昔から美容院で「パーマかかりにくい髪ですね」このフレーズをかなり言われたことのある方


かからない理由は微シス毛のためですが 最近は還元方法が改良されています(というより発見しました)


逆にパーマをかけなければならないです



というのも ストレートの細い髪はぺったんこになります


形を作ろうにも扱いにくいんです スタイリング剤も絡みません


何もしないと「子供」のように印象になり


髪に流れが作れず女性らしい服が似合いません


パーマはおすすめです




20191201_142858.jpg




20191201_155318.jpg






posted by scalablog at 12:58| パーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

パーマ



パーマに大切なのは髪質と髪のダメージの見極め方

それに応じた薬剤の選択が大きいです

また すでにカラーやパーマ(特に熱処理を行うパーマ)の履歴がある髪にパーマを行うときには

注意が必要です

W還元パーマは条件がよくないときに有効です


スカラ

posted by scalablog at 00:13| パーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする